保科クライミングスクール・ほしなノート http://www.hoshinamasanori.com

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳アイスクライミング講習会 

2010-02-28001.jpg
ミゾー北斗
2010-03-01001.jpg

27日(土)は予定を変更して岩根山荘のアイスツリーにてアイスク
ライミング講習。28日(日)は美濃戸口の角木場右の氷でした。

左の写真はMIZOの北斗。
3シーズン前に購入したもののあまり使っていなかったアックス。
オリジナルはピックの角度が立っている為、ピンポイントでの
引っ掛けには良いが、自然の氷で使うには抜ける恐怖があった。
それなりに完成されたアックスなら、使い込んでいけば欠点を逆
に長所に変えることもできる。しかし私にとって理想的なアック
スはクォークの延長線上にある。
ノミックを使ってはみたがピックとハンドルがどうも気に入らな
かった。


今シーズンはじめ、Oさんが国内の工場に頼んで北斗にクォーク
の角度に近いピックを作ってもらい使っていた。
試しに使わせてもらったところ、それは私の理想に近いアックス
だったので即決で購入。
材質はニッケルクロムモリブデン鋼。高強度でありながら
粘りがあるため折れにくい。4ミリ厚の板を先端部分は3ミリに
薄く削る。Oさんはさらに2.5ミリの薄さにしたが曲がったり
していないと言う。
このピック、値段もそれなりで一般の交換ピックの倍以上する。
次はカーボン業者にシャフトの依頼を検討中だとか。
BUBUに負けてはいられない。
ここ数年のなかで最も気に入った一本でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。