保科クライミングスクール・ほしなノート http://www.hoshinamasanori.com

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライミングの原点 

2010-05-24001.jpg
2010-05-240021.jpg
5月24日

最近、スクール内で話題に出るイギリスのクライミング。
オーストラリアに行ってからクライミングの原点のようなものが
気になり始めたようです。元来クライミングは自由な発想のも
と、冒険的要素とスポーツ性を持ち合わせたものでした。
原点はCZECH REPUBLICで、スリングでコブを作ったプロテ
クションをクラックにセットしたり(写真下左)、肩に乗って
スタートする方法(写真下右)や岩から岩にジャンプして飛
び移るアクロバット的種目など実に遊び心に溢れたものでした。
自分が唯一行けなかった場所がCZECH REPUBLICで、今でも
未練がある場所でもあります。いつか行けたらよいかなと。
ツアーもお客様のクライミングの息抜きに利用していただけ
たらと思い、日々検討模索中です。
イギリス、スペイン、ノルウェーのトール壁、NYのガンクス、
南アフリカ、カメルーン、インド、ブラジル、ニュージーランド、
タスマニア島、ベトナムのハロンなど、ツアーで考えたりもして
います。世界には岩場が豊富にあり、それぞれ個性があって、
どこへ行っても楽しめる良い場所です。もちろん旅行としても。
イギリスはクライミングブランドのDMMの会社もあります。
私が行ったころは20数年前なので今は立派になっていること
でしょう。
左記の本、たまに車に乗ってますので見たい方声掛けてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。