保科クライミングスクール・ほしなノート http://www.hoshinamasanori.com

八ヶ岳アイスクライミング講習会 

2010-02-28001.jpg
ミゾー北斗
2010-03-01001.jpg

27日(土)は予定を変更して岩根山荘のアイスツリーにてアイスク
ライミング講習。28日(日)は美濃戸口の角木場右の氷でした。

左の写真はMIZOの北斗。
3シーズン前に購入したもののあまり使っていなかったアックス。
オリジナルはピックの角度が立っている為、ピンポイントでの
引っ掛けには良いが、自然の氷で使うには抜ける恐怖があった。
それなりに完成されたアックスなら、使い込んでいけば欠点を逆
に長所に変えることもできる。しかし私にとって理想的なアック
スはクォークの延長線上にある。
ノミックを使ってはみたがピックとハンドルがどうも気に入らな
かった。


今シーズンはじめ、Oさんが国内の工場に頼んで北斗にクォーク
の角度に近いピックを作ってもらい使っていた。
試しに使わせてもらったところ、それは私の理想に近いアックス
だったので即決で購入。
材質はニッケルクロムモリブデン鋼。高強度でありながら
粘りがあるため折れにくい。4ミリ厚の板を先端部分は3ミリに
薄く削る。Oさんはさらに2.5ミリの薄さにしたが曲がったり
していないと言う。
このピック、値段もそれなりで一般の交換ピックの倍以上する。
次はカーボン業者にシャフトの依頼を検討中だとか。
BUBUに負けてはいられない。
ここ数年のなかで最も気に入った一本でした。

八ヶ岳アイスクライミング講習会 

2010-02-26001.jpg

24日(水)は八ヶ岳にてアイスクライミング講習でした。
東京は記録的な温かさだったそうで、八ヶ岳でもクライミング
中は汗ばむほどの陽気でした。
美濃戸口・角木場の氷は右のナメ滝が人が多かったため、
左の氷柱を登ってみました。
ラインによってはところどころハングしていて、短いながらも
ピリ辛なアイスクライミングが味わえます。

クライミング講習会 

2010-02-26002.jpg
城ヶ崎・ファミリークラックエリア
2010-02-26003.jpg

20(土)~21(日)は城ヶ崎でのクライミング講習。
暖かな伊豆の日差しを期待しましたが、風が冷たく陽が陰
るとダウンジャケットを手放せないくらいでした。
それでも駅近くの民家の寒桜は満開に咲き誇っています。
河津桜も見ごろだそうで電車も満員、道路も渋滞となって
いました。

米子不動アイスクライミング 

2010-02-16001.jpg
米子不動・アナコンダ&コブラ

11(木)~14(日)の4日間で米子不動のアイスクライミングに行
ってきました。
帰りの日以外は天候が悪く、雪の降る中のアイスクライミング
となりました。ソリを引っ張ってのアプローチ、3泊のテント
生活、迫力の氷柱群など米子不動は、他に類を見ないアイス
エリアです。
私自身も久しぶりの米子不動でありました。
巨大な氷柱群を眺めていると、登攀欲が沸々とこみあげてく
るのを感じます。またぜひ訪れてみたい場所です。

荒船山アイスクライミング講習会 

2010-02-08002.jpg
荒船山・犬殺しの滝
2010-02-08001.jpg
岩根山荘

6日は岩根山荘のアイスツリーに行ってみました。
車が横付けできて、おまけに山荘内の暖炉で休憩もできて、
こんな快適な環境を経験したら山に行けなくなってしまいます。
この日は寒波の影響で日中でも-10℃と時々吹き付けるブリ
ザードのため、暖炉前の休憩から外に出るのに勇気が必要で
した。
7日は荒船山の犬殺しの滝に行ってきました。
寒気も去ってわりと暖かな日でしたが、氷は固く砕ける氷柱に
苦労しました。
それにしても「犬殺しの滝」は面白い!

尾白川アイスクライミング講習会 

2010-02-03002.jpg
尾白川・錦滝
2010-02-03001.jpg

3日は尾白川にてアイスクライミング講習。
一昨日からの降雪で林道も30㎝以上積もっていて、
いつもなら楽なアプローチが今回は汗だくとなりました。
「錦滝」は上部が薄いものの割と状態は良く、氷柱登りを楽し
むことができます。
他にクライマーは無く、我々だけの貸切。